現金化できるクレジットカードとは

HOME » カードの選び方 » 現金化できるクレジットカードとは

現金化できるクレジットカードとは

クレジットカードのショッピング枠現金化を行う際に、意識をしたいポイントの1つが現金化に利用するクレジットカードです。
クレジットカードのショッピング枠現金化とは、その名の通りクレジットカードのショッピング枠の利用残高分を現金化するというサービスです。
そのため、クレジットカードのショッピング枠に利用残高があるカードを用意する必要があります。
利用残高があるクレジットカードであれば、現金化を利用できるのです。

残高の確認方法は、所持しているカード会社のマイページにログインして確認する方法が一般的です。
マイページを設定していない場合や、ログインパスワードなどを忘れてしまった場合にはカスタマーセンターに電話をして確認することができるようになっています。

現金化業者は店舗を構えている所もありますが、インターネットで申し込みが可能な業者が多数を占めます。
スマートフォンやパソコンから、手軽に行うことが可能なのです。
インターネット申し込みを行う場合、業者のホームページから必要事項を送信し、 業者から商品を購入します。
カード決済の確認が行われ、予め送信しておいた指定口座へ代金から手数料を差し引いた金額が送金されます。
指定銀行はネット銀行がおすすめです。
手数料が安いため、お得に利用できるのです。

カード決済を行った分の支払いは、当然自身で行います。
そのため、還元率が高くサービスを受けられるカードやポイントが貯まるクレジットカードを利用することがおすすめなのです。
基本的なクレジットカードの還元率といえば、0.5%程度。
しかし、現金化に利用するクレジットカードは還元率が高い方がお得になります。
中には還元率が3倍程度のクレジットカードもあります。
ショッピング枠の利用残高と併せて、自分の所持しているクレジットカードを見直してみましょう。
もしくは、新規申し込みでクレジットカードを作成してみるのも良いかも知れませんね。

カードの選び方 | 03月08日更新