ショッピング枠現金化のリスク

HOME » カードの選び方 » ショッピング枠現金化のリスク

ショッピング枠現金化のリスク

クレジットカードのショッピング枠現金化がカード会社に伝わってしまった場合、クレジットカード解約、利用料金の一括返済が求められる、債務整理不可の3つのリスクが考えられます。
ショッピング枠現金化はカード会社の規約では禁止とされています。
そのため、カード会社に伝わってしまえば強制的に解約となる場合もあります。
これまで正当に貯めてきたポイントなども消えてしまう可能でもあるのです。

クレジットカード会社から強制的に解約を言い渡された場合、利用した分の残高は一括で請求されることとなるため、負担が大きくなるでしょう。
現金が必要であるためにショッピング枠現金化サービスを利用しているのであれば、一括請求を受けてしまえば支払いも難しくなってしまいますね。
この様な点が、ショッピング枠現金化を行った場合のリスクです。

さらに、債務整理不可となります。
ショッピング枠現金化とは、本来のクレジットカード使用用途とは異なる方法で作られた借金という事になります。
そのため、現金化が元となり返済が難しくなった場合、債務整理を行おうとしても借金として認めてもらうことが出来ないケースが多いです。

加えて、ショッピング枠現金化業者のすべてが優良な業者であるとはいえません。
詐欺やトラブルに巻き込まれるリスクもあります。

ショッピング枠現金化は、手軽に現金を手に入れることが出来る方法です。
しかし、リスクは非常に大きいともいえます。
基本的に、クレジットカードのショッピング枠現金化サービスを利用しても、利用した分の金額は自身で支払うこととなります。
手数料を差し引いた分の、少額の現金を手にしたとしても、結局のところ手数料分の債務が増えることになるのです。
ショッピング枠現金化が出来なくなってしまえば、他の方法で借金を作る事にも繋がってしまいます。
その点をしっかりと理解した上で、ショッピング枠現金化のサービスを利用するか否かを決定しましょう。

カードの選び方 | 03月08日更新