ショッピング枠の現金化は規約違反?

HOME » カードの選び方 » ショッピング枠の現金化は規約違反?

ショッピング枠の現金化は規約違反?

クレジットカードショッピング枠の現金化は、ショッピング枠で指定の商品を購入し、現金化業者が買い取りを行うという方法で現金を手に入れることが出来るサービスです。
消費者金融などから借金をするという訳ではなく、突発的・一時的に現金が必要な場合には有効な調達方法の1つでもあります。

しかし、クレジットカード会社全社において、クレジットカードショッピング枠の現金化を目的とした決済は禁止とされているのです。
その決済行為自体が規約違反となります。
万が一、クレジットカード会社に現金化を目的とした利用が伝わってしまえば、利用停止などという結果にもなります。
支払える金額以上の額をショッピング枠で使用してしまう方も多いため、カード会社では規約違反であると定めているのです。

表面上、買い物をしているだけであるはずの現金化。
なぜカード会社が、利用者が現金化業者を利用したことが分かるのでしょうか。
ショッピング枠には利用上限があります。
この上限をすべて利用している方をピックアップし、取引状況を確認しているのです。
現金化業者は、換金率の高い商品を指定します。
そのため、換金率の高い商品を購入していると規約違反を疑われるのです。
また、キャッシング枠とショッピング枠を限度額いっぱいまで使用していると、すぐにカードが停止となる可能性もあります。

しかし、ショッピング枠やキャッシング枠に余裕がある状態で、換金率の高い商品を購入していなければカード会社も目を付けないでしょう。
優良なショッピング枠現金化業者は、この点も加味して商品の指定を行ってくれます。
運営実績もある現金化業者を利用することで、規約違反となる可能性は非常に低くなります。
ショッピング枠現金化は、一時的に現金が必要となった場合には非常に便利に利用出来るものです。
しかし、カード会社の規約違反に該当するという点、カード停止などのリスクなども考え、事前に業者選びを行うことが非常に重要です。

カードの選び方 | 03月08日更新